北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
北陸の近代化遺産には桜の名所でもあるところが多いんです。

富山県富山市にある「松川」と、そこに架かる「桜橋」はその代表のひとつです。

明治時代に行われた神通川の大規模改修で廃川地(へいせんち)が街の中心部を分断するように残りました。昭和初期に「富岩運河」開削で出た土砂を用いてそれを埋め立て、その一部(旧神通川の右岸)を残して整備してつくられたのが松川です。
その松川に昭和10年に架けられた鋼製のアーチ橋が桜橋です。
廃川地の埋め立てにより、富山市街地の都市化が加速し、都会のオアシスとして市民に愛されるようになった松川と、国の登録有形文化財に登録された桜橋は、富山の都市部の近代化のシンボルと言えるでしょう。
桜橋周辺の松川べり両岸には約2.5kmの桜並木が続き、日本さくらの会選定「さくら名所100選」にも選ばれ、多くの市民が花見に訪れます。

松川べり
富山市役所の展望塔から見下ろした松川の桜並木(ミニチュア風に加工)

【富山市】桜橋04
重厚な桜橋。タンポポの咲く斜面に陣取って獲物を狙うアオサギがチャームポイント(笑)

*お詫びと訂正
自然人 No.52 2017 春号のP16 桜橋の紹介に、松川が埋め立てられた廃川地に開削されたように書いていますが、正確には上述の通り、廃川地の一部を残して整備したものです。不確かな表記をしてしまい、申しわけありません。
page top
お知らせが遅くなりましたが、3月1日に発売しました『自然人 No.52 2017 春号』の紹介です(だいぶ遅い、汗)。

9784893791849.jpg
表紙は黒部峡谷にある跡曳水路橋

特集は「北陸の近代化遺産」です。
単純にこんなの、あんなのと、代表的なものを並べても仕方ないので、各県の近代化の流れの特徴が分かるよう、ピックアップして紹介しています。
なので、「何であれが出ていないの?」って言うことも多分あるかも。それは、今回の特集が評判よければ第二弾で紹介しますので、ご了承くださいね。

ところで、三県の特徴を考える上で一番苦心したのが、実は石川県でした。
空襲にあわずに済んだ金沢には、近代化遺産もたくさんありそうですが、実は多くが戦後に建て替えられてしまい、意外と残っていないのです。もっと古い藩政時代の文化財が多くあるので、明治から昭和初期の建造物等は当時、中途半端に思われたのかもしれません。今、モダンなビルが立ち並ぶ戦前の金沢の写真を見ると、「これが残っていたら・・・」と思ってしまいます。

そんな金沢は藩政期に育まれた文化的資本をうまく活用して独自の近代化を遂げてきたと言えます。
ここを掘り下げたら面白いと、金沢の近代史に詳しい専門家のアドバイスをいただき、今回は金沢の近代化を石川県の代表として紹介してみました。

IMG_6578.jpg
金沢製糸場跡に建つ金沢市立中央小学校(手前は鞍月用水)

金沢の中心部を流れる鞍月用水のほとりに、富岡製糸場に次ぐ、日本で二番目の規模を誇った巨大な製糸場があったことをご存知でしょうか? 跡地は現在、小学校が建ち、表からは往時の面影が分かるものは何も残っていませんが、往時の繁栄ぶりを想像しながら、用水沿いをのんびりと散策してみると、今まで気がつかなかった金沢の古くて新しい魅力に触れることができます。

IMG_6602.jpg
富岡製糸場を視察して金沢製糸場を設計した一人が
宮大工の津田吉之助で、すぐ近くの尾山神社の神門も
吉之助が設計した


金沢からは他にも、浅野川大橋、石川四高記念文化交流館、末浄水場をピックアップして、それぞれの近代化のストーリを紹介しています。

あさのがわおおはし
浅野川大橋の夜景。近代化遺産は桜の名所になっているところも多い

もちろん、金沢以外にも北陸三県の注目していただきたい近代化遺産をずらっとラインアップしています。
北陸の近代化遺産の入門書としてこの上の無いものと思います。
ぜひ、ご覧ください。

「北陸の近代化遺産」を特集する『自然人 No.52 2017 春号』は、北陸の主要書店で発売中!

自然人 最新号 ポップ
書店用のPOPも作りました

Amazonでも好評発売中!!
http://amzn.asia/9FEjETZ

オンライン書店Fujisan.co.jpでは定期購読も!
http://www.fujisan.co.jp/product/1281680756/new/

page top
自然人編集部Nです。

さて、販売中の自然人秋号No.50はすでにご覧いただいているでしょうか?
特集「森へ行こう」では北陸の個性豊かな森が紹介されています。
その中の一つ、石川県加賀市にあります「鹿島の森」へ加賀市の取材の帰りにたちよってみました。
kashima06.jpg
遠くから見るとこんもりと本当に島のようになっています。(実際は陸続きです)
kashima01.jpg
鹿島神社の鳥居をくぐって…
kashima07.jpg
森の中へ。訪れたのは10月中旬でまだまだ暑い日でしたが、中は陽が遮られ歩きやすいです。

森の中で私のお目当てを探します…。_(・・ ))キョロ(( ・・)キョロッ

kashima04.jpg

い、いたー!


鹿島の森の番人(?)のカニです。見えますか?
自然人でもご紹介している通り、鹿島の森では至るところでカニに出会えるのです。
(詳しくは本誌を読んでくださいね)

kashima05.jpg
目が合ったような気がします…!

おそらくこれはクロベンケイガニ。赤色のアカテガニにも出会えたのですが、カメラを向けるとささ~っと逃げてしまってカメラに収めることはできませんでした><

kashima03.jpg
満足満足。ぐるりと一周回って帰ってきました。

これから冬になるのでなかなか行けないのですが、歩道もしっかり整備されていますので、
春~秋のお出かけスポットとしておすすめです。
カニに出会える珍しい森にぜひ行ってみてくださいね!
(蚊の出る季節は虫よけ対策必須です!)
また、自然人秋号にはこのような面白い森がいろいろ出ていますので要チェックです!

編集部 N




page top
お待たせしました。『自然人 No.50 2016 秋号』が9月1日に発売となりました。
特集は「北陸の秋を極める 森へ行こう」です。

shizenjin50_H1.jpg

秋といってもまだ日差しも強く、気温も高い9月。
森に入れば木々の葉が日差しを遮り、適度な湿度を保ち、ひんやりとしてやさしい空気に包まれます。そんな気持ちのいい森へ最近入りましたか?
森に入ると、安らぎを感じることがありませんか? これは元々、人は森に住んでいたからかも知れません。


IMG_1092.jpg
*初秋のブナ林

「森」といってもイメージするものはさまざまでしょう。
この特集ではではその漢字が示す通り、大きい木や小さい木などいろいろな種類や大きさの木があるところを森と呼ぶことにしました。
北陸には、海辺の森から森林限界まで多種多様で、実に豊かです。

【加賀市】鹿島の森
*海に近い石川県加賀市・鹿島の森

IMG_2353.jpg
*金沢城本丸園地の森

【白山市】別山・市ノ瀬道2014秋67
*白山国立公園のブナの原生林


9月後半となると、立山の高山帯では紅葉が始まり、紅葉前線は徐々に標高を下げ、11月下旬には平野部でも見ごろを迎えます。


【金沢市】兼六園2013紅葉6
*森の都・金沢を代表する兼六園

今こそ森の大切さを見つめ直していただきたい、そんな思いで今回の特集を組みました。
そして、森の大切さを紹介し、その魅力を実感していただける「北陸の15の森」を編集部がピックアップし、それぞれの森のスペシャリストの案内文で構成しています。

【上市町】馬場島
*富山県上市町・馬場島

IMG_2474.jpg
*福井県あわら市・刈安山森林自然公園


北陸が好きで、森や自然に興味がある方にとっては、保存版ともいえる特集が出来ました。
ぜひ、本誌を片手に、そんな森を見つめ直しに出かけて見てください。

IMG_2559.jpg


○『自然人』は富山・石川・福井の主な書店と全国の一部の書店で販売しています。
うつのみや、文苑堂、金澤文苑堂、明文堂、勝木書店KoBoS、北国書林、きくざわ書店、ブックスなかだ、ブック宮丸、平和書店の各店舗(一部を除く)や、紀伊國屋(富山店・金沢大和店)、ブックメイトとくひさ、堀吉書店、ファミリーブックスなど、北陸の主なで発売します。
お取り寄せは全国どこの書店からも可能。Amazonなどのネット販売、コンビニ取り寄せも対応しています。

『自然人 No.50 2016 秋号』の詳細は自然人.netをご覧ください。
http://shizenjin.net/magazine/shizenjin/050/index.html

(バフ)
page top
本日、富山県砺波市にある「頼成の森」さんに行ってきました。

頼成の森といえば、毎年6月に行われる「花しょうぶまつり」が有名ですね。
この時期には毎年駐車場が満車になるほど、多くの方が県内外から訪れるようです。

ですが、このブログ、花しょうぶの写真は出てきませんので、あしからず。。。
残念ながら、花が見られる時期は私の行く少し前に終わっておりました(´・_・`)
じゃあなぜタイトルに花しょうぶとあるかと言いますと、頼成の森の方に興味深いお話をしていただいたからなのです。

花しょうぶは、同じ場所に生育し続けることを嫌う性質があるため、継続的に育てるには株分け、植え替えが必要です。
一度花が咲いた後は、株が弱ってしまいます。花の時期が終わると、全体を1/3ほどに切り落とし、株を二つに割って植えなおします。
また、同じ場所で育てていると連作障害によって株が成長しなくなります。そのため、4年に一回植え替えを行います。頼成の森では、他の場所の土を持ってきて、客土(きゃくど)して、土を変えているそうです。
キレイな花を咲かせるには、雪が降っている時期以外は、ずっと管理が必要なのだそう。
IMG_4251.jpg
(この日も植え替え作業を行っていました)

さらに、頼成の森にある花しょうぶは600品種品種が混ざってしまうことがないように1種類ずつ分けて上記の作業を行う必要があるのです。

お庭で楽しむ範囲ならできそう気もしますが、頼成の森にある花しょうぶは、実に70万株(!)。これだけの花を咲かせるのにはいかに大変なことかがわかりますよね。。。
みなさんが見ている美しい花は、多くの人の努力の結晶なのです。
そう聞くと、来年はより感慨深く花しょうぶを見られる気がしませんか?
IMG_4250.jpg
(1年目、2年目…というように分けて植えられています。近くで見ると品種ごとにちょっとずつ葉も違うのがわかります)

今年の花しょうぶの時期は残念ながら終わってしまいましたが、今は森のいたるところでキレイなあじさいが見られます。
IMG_4255.jpg
遊歩道も整備されていますので誰でも気軽に自然と親しむことができる素敵な場所ですよ。
ぜひ足を運んでみてくださいね~。
(N)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG