北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
本日、富山県砺波市にある「頼成の森」さんに行ってきました。

頼成の森といえば、毎年6月に行われる「花しょうぶまつり」が有名ですね。
この時期には毎年駐車場が満車になるほど、多くの方が県内外から訪れるようです。

ですが、このブログ、花しょうぶの写真は出てきませんので、あしからず。。。
残念ながら、花が見られる時期は私の行く少し前に終わっておりました(´・_・`)
じゃあなぜタイトルに花しょうぶとあるかと言いますと、頼成の森の方に興味深いお話をしていただいたからなのです。

花しょうぶは、同じ場所に生育し続けることを嫌う性質があるため、継続的に育てるには株分け、植え替えが必要です。
一度花が咲いた後は、株が弱ってしまいます。花の時期が終わると、全体を1/3ほどに切り落とし、株を二つに割って植えなおします。
また、同じ場所で育てていると連作障害によって株が成長しなくなります。そのため、4年に一回植え替えを行います。頼成の森では、他の場所の土を持ってきて、客土(きゃくど)して、土を変えているそうです。
キレイな花を咲かせるには、雪が降っている時期以外は、ずっと管理が必要なのだそう。
IMG_4251.jpg
(この日も植え替え作業を行っていました)

さらに、頼成の森にある花しょうぶは600品種品種が混ざってしまうことがないように1種類ずつ分けて上記の作業を行う必要があるのです。

お庭で楽しむ範囲ならできそう気もしますが、頼成の森にある花しょうぶは、実に70万株(!)。これだけの花を咲かせるのにはいかに大変なことかがわかりますよね。。。
みなさんが見ている美しい花は、多くの人の努力の結晶なのです。
そう聞くと、来年はより感慨深く花しょうぶを見られる気がしませんか?
IMG_4250.jpg
(1年目、2年目…というように分けて植えられています。近くで見ると品種ごとにちょっとずつ葉も違うのがわかります)

今年の花しょうぶの時期は残念ながら終わってしまいましたが、今は森のいたるところでキレイなあじさいが見られます。
IMG_4255.jpg
遊歩道も整備されていますので誰でも気軽に自然と親しむことができる素敵な場所ですよ。
ぜひ足を運んでみてくださいね~。
(N)
page top
『自然人 No.49 2016 夏号』はもうご覧いただけましたでしょうか?

49g3.jpg

「キャンプに行きたくなった!」という感想がたくさん届き、また、キャンプの思い出を語ってくださる方も多く、編集者としては嬉しい限りです。

ただ、ちょっと誤算がありまして、というのも、今回の特集は、「キャンプに行ったことがある経験者」を意識していましたが、予想外に行ったことのない人から「行きたくなった。ぜひ行ってみたい」という感想もお寄せいただいています。

となると、初心者には少し不親切な部分もあると思いますので、私なりの経験のポイントをここで紹介します。
特集内で書かせていただいたとおり、20年前にキャンプを始め、最近はご無沙汰しているので、今とは状況が違っているところもあるでしょうが、少しでも参考になればうれしいです。

●キャンプには向き不向きがあります
 虫が嫌い、クーラーがないと寝られない、暗いと怖い・・・等々、キャンプに向かない人もいます。だから、いきなり道具を買ったりせず、まずはレンタル等で試してみて、「楽しい」と思ったら始めるようにしましょう。バンガローやケビンの宿泊もいいと思います。

●何を用意すればよいのか?
 まずは入門書をお読みください。自然の中にテントひとつで滞在するわけですから、天候の急変や突風など、予期せぬ危険もありますので、その備えも必要です。

●いきなり初心者だけで行けるか?
 設備の整った管理人が常駐しているキャンプ場ならまず問題ないです。困ったら管理人に聞けばいいのですが、夜間には管理人がいなくなるキャンプ場や、「そんなことまで面倒みきれない」という世知辛いキャンプ場もありますので、予約する際に正直に聞いてみるといいかもしれないです。

●火のおこしかたが分からないけど大丈夫?
 「キャンプ=焚き火」という気持ちはよくわかります。今回の特集もそのイメージを随所にちりばめています。簡単な火のおこしかたも紹介していて、これは初心者でもすぐに使える技です。でも、焚き火をしないキャンプをされている方も多いです。家庭用のカセットこんろを使ったり(ただし風には弱いので強風が吹くと火が消える)、「AC電源付きサイト」なら炊飯器や電気ポット、電子レンジだって使えます(アンペア制限に注意)。でもまあ、着火剤とうちわがあれば、まず失敗することはありません。

●ルールとかマナーとかわからないけど大丈夫?
 禁止事項や注意事項は、キャンプ場にチェックインした時に説明されますので、まずはそれを守ること(キャンプ場によって禁止事項は異なりますので、事前にネットで調べておくといいでしょう)。そして、回りの人に迷惑をかけたり不愉快になるようなことをしないという社会一般のマナーを守れば良いだけのことですので、特別なものではありません。

●これだけは気を付けてください
 「テントの中でガス器具や炭火を使わない」「突風でテントが飛ばされないようにする」「天候が急変したら安全な場所に避難する」「車の近くで焚き火をしない」「周りに生えている知らない植物を食べたり、葉っぱを皿代わりにしたり枝を箸代わりにしたりしない」とか。いずれも命に関わる重大な事故につながりますので、注意しましょう。

 もちろん、これ以外にもいろいろ疑問に思われることも多いでしょう。
 もし、ご質問などあればお知らせください。
 わかる範囲でお答えしますが、『自然人』夏号ご購読者に限定させていただきます(笑)。

wakai02.jpg
北陸のキャンプではシーフードバーベキューがおすすめ

『自然人 No.49 2016 夏号』の詳しい情報は、自然人ネットをごらんください。


(バフ)
page top
北陸では早咲きの桜の開花情報がひと段落し、いよいよソメイヨシノやヤマザクラなどの開花を今かいまかと待つようになりました。一方、里山では、キクザキイチゲやカタクリがポツポツと咲き始めています。

さて、週末に石川県輪島市門前町の猿山岬の雪割草群生地に行ってきました。

当日は「能登・雪割草まつり・そばの市」が開催され、会場から雪割草群生地への無料シャトルバスが運行されていましたので、それを利用し、深見(南側)から群生地まで(約1.1キロ)を往復しました。深見からは、いきなり急な上り坂が続き閉口しましたが、40分くらいで深見側の群生地に到着することができました。
群生地には色とりどりの雪割草が咲き競い、宝石箱をひっくり返したような美しさに、疲れも吹き飛びました。

_DSC8268.jpg


ここは国内でも屈指の雪割草の群生地ですが、盗掘が後を絶たず、その数は激減しました。その後、地元の方々が立ちあがって、群生地の保全活動に努め、美しい景観がよみがえりつつあります。詳しくは、『自然人 No.48 2016 春号』P31で紹介しています。花の見ごろに時期には、ボランティアの方が道案内などもしてくれます(環境保全協力金300円)。

_DSC8221.jpg


そんな地元の方に聞くと、この一帯の雪割草の種類は、オオミスミソウとミスミソウで、一見花のように見える「がく片」の形などで2種は見分けられますが、ここは交雑種も多く、判別は難しいといいます。「がく片」の枚数は6枚が多いようですが、5~8枚とさまざまで、色も白や桃色、紫、ぼかしなど、同じ種類でも実に多彩。色鮮やかなものは特に盗掘で狙われ、残念ながらその数が少なくなっています。
「今がちょうど見ごろ」ということでしたので、今シーズン、見たい方はお急ぎください。

_DSC8258.jpg


上述のシャトルバスはまつり期間限定で運転されたものなので、これから行く方は、自家用車か門前からタクシーを利用してください。門前から猿山岬灯台(北側)へは新しいトンネルが開通し、時間が短縮されました。
一番のおすすめは、猿山岬灯台から深見まで、約3.4キロの猿山自然歩道を通して歩くコースですが、この場合、深見から猿山岬灯台駐車場へ戻る手段(タクシーなど)を手配しておく必要があります。


shizenjin48_H1.jpg

『自然人 No.48 2016 春号』――Amazon.co.jpでも購入できます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4893791788


(バフ)
page top
ちょっと前のことになりますが、1月の某日、私は電車に揺られておりました。

目的は…のと鉄道さんがやっている冬季限定牡蠣のお店「あつあつ亭」!!!
のと鉄道さんでは、冬期限定で牡蠣をメインに楽しめる飲食店「あつあつ亭」を営業しており、
なんと穴水駅の跨線橋(ホームとホームをつなぐ間の橋のところです)で牡蠣や海の幸、お酒が楽しめるのです。

金沢駅を出発して、七尾駅で穴水駅で乗り換えます。
_MG_9234.jpg
_MG_9230.jpg
人気のラッピング列車が駅に停まっています。みんな写真をとっていました

そして穴水駅に到着!
_MG_9270.jpg
わくわく…

きました!
_MG_9247.jpg
この炭で焼くパチパチとした音がたまりません
_MG_9267.jpg
さっそくいただきます!

し、至福…
まさにあつあつプリプリの能登牡蠣、美味しすぎます!!駅の中といういつもと違った雰囲気も上がりますね~~。
さらにさらにこの「あつあつ亭」のすごいのはそのお得さ。
・焼き牡蠣7個(のと鉄道で行けばさらに2個サービス)
_MG_9257.jpg
・牡蠣フライ
_MG_9262.jpg
・牡蠣ご飯
・味噌汁アンド漬物

これだけついた「あつあつ盛りセット」が ナント 1500円! 
太っ腹すぎますのと鉄道さん!
網で焼くイカやふぐの干物も100円ですよ!
一緒に行った連れも「安すぎない?お会計間違えてない?牡蠣って普通もっとするよね?」と驚いておりました。。。(間違えてないですよ)
お腹もいっぱいで大満足です!冬期限定ではありますが、3月22日までと春が来るギリギリまでやっているそうなので、ぜひ行ってみてほしいです!
あつあつ亭

私たちが「安い安い」と話していたところ、接客していただいた方(店員さんものと鉄道の方です)から、
「かなりギリギリの価格ですが、これをきっかけにのと鉄道に乗ってもらえたら…」とお聞きしました。

そうなんです。のと鉄道さんでは、上記のラッピング列車や「あつあつ亭」など、利用客を増やすためにさまざまな面白い取り組みをしているんですよね。
「自然人」春号ではそんなのと鉄道さんのここでは紹介しきれなかったさまざまな企画をはじめ、能登で地域を盛り上げる「注目してほしい取り組み」を紹介しております!
shizenjin44_H1.jpg

いきなり宣伝になりましてすみません…。でも、読んだらきっと能登にいきたくなるような話がいっぱいですよ☆
自然人春号は3月2日(いつもより1日遅いです)発売です!
ぜひ読んで(のと鉄道に乗って)能登の旅、楽しんでみてください。
知っているようで知らなかった「能登」に出会えるはずですよ!
(編集部 N)

自然人ネット
http://shizenjin.net/magazine/shizenjin/044/index.html
Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/4893791729





page top
どんだけ久しぶり!なブログですが久しぶりに自然人らしい体験をしたので書きます!

日曜日、狩猟免許を持つ知人Oさんからイノシシのお肉をいただきました。
yakumae.jpg

彼は今年免許を取ったまだ新人ハンター。元はといえば狩りに興味があるという話を聞き、私がそのとき読んでいた「山賊ダイアリー」という狩猟の漫画をすすめたのがきっかけで免許をとったのです。
山賊ダイアリー…現役猟師、兼漫画家の岡本健太郎さんによる狩猟&ジビエ喰いの実録日誌(Amazonの紹介文より抜粋)。面白いのでぜひ読んでみてください。
http://www.amazon.co.jp/dp/4063523918

私はもともと鶏肉も臭みがあるのは苦手(やすーいお肉は気になる)、豚肉の脂身もそんなに…、ラム肉も食べられないことはないけど臭いが好きじゃない、とお肉に関してはけっこうこだわりがあるのです。
そんな私がイノシシなんて食べられるかしら…と思いつつ、食に関する好奇心は旺盛なので、ありがたくいただきました。

自然人の39号 小松商工会議所さんの取り組みでも紹介していますが、石川県には絶滅していたとされていたイノシシが平成に入り増加の一途をたどり、農作物への甚大な被害をもたらしています。捕獲したイノシシに感謝し、美味しく食べるというのも獣害を防ぐ対策になるんです。

と説明をしたところで早速調理開始です。
ものによっては臭みがあるため味が濃いめの味つけの調理が良さそう~と思っていたところ、編集長Wさんから「以前食ったチャーシューがうまかったよ」とのアドバイスをいただいたので、チャーシューに決定です。

まずは肉に塩を塗りこんでたこ糸をぐるぐる…
表面を強火でこんがりと焼きます
yaitaato.jpg
圧力鍋に水、酒、砂糖、しょうゆ、はちみつ、長ネギの青い部分、しょうが、にんにく、そして先ほどのお肉を入れてぐつぐつ…
nikomi.jpg
nabe.jpg
(あふれる実家感は無視してください)
完成です!超簡単!
kansei.jpg
早速試食します… 
かなりびびっていた臭みですが、まったく気になりません
味は豚肉とほとんど変わらない!
ちょっとかためで歯ごたえ満点なのでそこが豚肉との違いでしょうか…気になる人は気になるかもしれません。
上手く作れば柔らかくなるんでしょうかね?わかる方がいたら誰か教えてください。
保存がききそうだったので、容器に入れて冷蔵庫へ。臭いが気になってニンニクをいっぱい入れたのが勝因(?)かもしれませんね。
tappa.jpg
初めてのイノシシのお肉体験。なかなかだったのではないでしょうか!
まだお肉の余りがあるので、次は洋風の料理にしようかと思います!
ではでは~~
(自然人編集部 N)


© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG