北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
shizenjin47_H1.jpg

自然人 No.47 2015 冬号 12月1日発売です。特集は「エコな旅のすすめ」
北陸の主要書店のほか、下記のネット書店でも発売しています。

Amazon ⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/489379177X
Fujisan.co.jp ⇒ http://www.fujisan.co.jp/product/1281680756/

『自然人』では毎号、北陸三県にあるミュージアムや自然観察施設などで開催されるイベント情報を掲載しています。
身近で特別な体験ができたり、大変珍しい展示もたくさんありますので、ぜひ誌面をチェックして、気になるものがあればお出かけください。

そんな中から現在開催中の石川県立自然史資料館の企画展をご紹介します。

石川県立自然史資料館では、企画展として「白山の植物-白山の高山植物研究史-」を12月6日(日)まで開催しています。
白山は植物についての調査の歴史も古く、すでに江戸時代後期には調査が行われ、その後も多くの研究者が白山を訪れ、調査や採集を行っています。この企画展では旧金沢大学薬学部より寄贈された標本を中心に、今では採集が制限されている白山国立公園内の希少な標本の一部を展示。100年以上も前の貴重な標本を、この機会にぜひご覧になってみてください。

植物標本

※自然人47号おでかけ情報では会期が12月16日(水)までとなっておりますが、正しくは12月6日(日)までです

石川県立自然史資料館
金沢市銚子町リ441 
開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)入館料:無料
page top
 富山県の大長谷(おおながたに)というところをご存知でしょうか?
 白木峰の山麓にあってキャンプ場や温泉があるところというと、「ああ!」と思われる方も多いでしょう。

大長谷1
紅葉の白木峰(写真提供:小谷智恵子さん)


 北陸自動車道富山西ICから車で1時間20分ほど。本当にこんな山の中に店があるんだろうか? そんな不安が5回ほど頭をよぎったところで、大長谷ふるさとセンターに着きます。「食事処」と書かれた看板と、入り口に置かれたブラックボードがなければ、集落の施設か何かと思い通り過ぎそうな店です。

大長谷2
大長谷ふるさとセンター


 ここが今、ちょっと注目されています。

 泊まったり、食事ができるところがあればそこを拠点して人がやってきてくれるはず、山歩きや農業体験をして、山のおいしいものを食べれば、きっとここを好きになってくれる、30年ほど前にここに宿泊施設をオープンさせて以来、村上光進さんが信念として持ち続けているものです。

 その思いは通じ、大長谷のファンは着実に増えています。そんな中、ちょっと面白い化学変化が起こったのが2年前。大阪の老舗ピツェリアで腕を振るっていた村上恵美さんが、光進さんの誘いでこの店の厨房に立つことになりました。

大長谷3
村上光進さんと恵美さん


 食事処ならではのうどんやカレーライスなどのメニューの他、光進さんが山で採ってきた山菜やキノコをふんだんに使った自慢の和定食と並んで、パスタや薪窯ピザのメニューが並んでいます。

大長谷4
今年、新調した薪窯


 ちょうどキノコシーズンの今、おすすめをうかがい、「きのこたっぷりのパスタ」(1400円)を注文しました。

 他のメニューと比較するとこのパスタはちょっと高いと思われるかもしれませんが、使っているキノコはすべて周囲の山で採れた天然ものです。さまざまなきのこの芳しい香りと食感が作り出すハーモニーは、都会のイタリア料理店では絶対に食べられない逸品です。

大長谷5
きのこたっぷりのパスタ


 お座敷に座って食べられるイタリア料理は、どこかほほえましく、他にもイノシシ肉で作ったベーコンのカルボナーラなどこの山里によくマッチしています。
 ここじゃないと食べられないものがいっぱいあってワクワクします。

 「恵美が来てくれたおかげで若いお客さんが増えた」と喜ぶ光進さんは今年、長年の活動が認められ、国土緑化推進機構の「森の名手・名人」に選ばれました。

 すぐ近くには源泉かけ流しの大長谷温泉もあります。
 ここにきて自然に触れておいしいものを食べて帰る~~。いい場所を知りました。

大長谷6
大長谷温泉


◆大長谷ふるさとセンターや大長谷温泉など、大長谷の詳しい情報はこちら
 大長谷・山里だより
 http://nagatan.info/

◆大長谷ふるさとセンターは現在発売中の『自然人 No.38 2013 秋号』に詳しい記事が掲載れています。
 お近くの書店になければ書店にご注文いただくか、下記のネット書店などでお買い求めください。
 ◎Fujisan.co.jp
  http://fujisan.co.jp/pc/shizenjin
 ◎Amazon.co.jp
  http://www.amazon.co.jp/dp/4893791605


※この記事は自然人Facebookページと連動してお届けしています。

(取材/若井 憲)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG