北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
 2004年も4日を残すのみとなりました。その一年を漢字一文字で表す「今年の漢字」、全国公募で選ばれた2004年の漢字は「災」でした。9万人を超える応募者のうち2割以上の方がこの漢字を選んだというのも、この一年の自然災害の多さを思えば頷くほかはありません。自然の恐ろしい一面というものを思い知らされた一年でした。
 さて、僕はいま新田次郎の「アラスカ物語」を読み始めました。極限の地アラスカを舞台に、白人たちの鯨乱獲による窮地から現地住民エスキモーの人たちを救ったフランク安田という100年前の日本人の話です。まだ主人公が延々と氷原を一人で歩く冒頭部分しか読んでいないのですが、ここでもまた自然はあまりにも大きく、恐ろしい存在として書かれています。
 この「アラスカ物語」を読んでフランク安田に憧れ、ついにアラスカ・ユーコン川を彼の眠る村までたった一人カヌーで下るという冒険をした女性がいます。富山県八尾出身の廣川まさきさんという方で、その旅の顛末を記した「ウーマンアローン」で開高健ノンフィクション賞を受賞されています。これまた買ってはいるもののまだ読んでいませんが、たしか帯にはこんな言葉が書かれてありました。
「あなたは私を殺しますか? それとも抱きしめてくれますか?」
 大自然に向けて問いかけたこの言葉は、僕たちを包むこの大きな存在の、怖さと優しさに触れた人の素直な言葉なのではないでしょうか。
 お正月はこれらの本を読みながらゆっくり過ごそうと思っています。
 2005年、人と自然がお互いに優しくありますように。

(真宮)
page top
 2004年も4日を残すのみとなりました。その一年を漢字一文字で表す「今年の漢字」、全国公募で選ばれた2004年の漢字は「災」でした。9万人を超える応募者のうち2割以上の方がこの漢字を選んだというのも、この一年の自然災害の多さを思えば頷くほかはありません。自然の恐ろしい一面というものを思い知らされた一年でした。
 さて、僕はいま新田次郎の「アラスカ物語」を読み始めました。極限の地アラスカを舞台に、白人たちの鯨乱獲による窮地から現地住民エスキモーの人たちを救ったフランク安田という100年前の日本人の話です。まだ主人公が延々と氷原を一人で歩く冒頭部分しか読んでいないのですが、ここでもまた自然はあまりにも大きく、恐ろしい存在として書かれています。
 この「アラスカ物語」を読んでフランク安田に憧れ、ついにアラスカ・ユーコン川を彼の眠る村までたった一人カヌーで下るという冒険をした女性がいます。富山県八尾出身の廣川まさきさんという方で、その旅の顛末を記した「ウーマンアローン」で開高健ノンフィクション賞を受賞されています。これまた買ってはいるもののまだ読んでいませんが、たしか帯にはこんな言葉が書かれてありました。
「あなたは私を殺しますか? それとも抱きしめてくれますか?」
 大自然に向けて問いかけたこの言葉は、僕たちを包むこの大きな存在の、怖さと優しさに触れた人の素直な言葉なのではないでしょうか。
 お正月はこれらの本を読みながらゆっくり過ごそうと思っています。
 2005年、人と自然がお互いに優しくありますように。

(真宮)
page top
毎日通る通勤路の途中に、カモが群れている田んぼがあります。
いつもそこに集中してカモがいるのを不思議に思っていたのですが、実はその田んぼにだけ水が張られていることに、ある日ハタと気がつきました。
カモなどの水鳥類は、水が張られた田んぼでないと採餌することができません。ですが、最近は農機を使う都合上、多くの田んぼが冬の間は乾田になっています。
このことは、水鳥の飛来数減少の大きな原因になっているそうです。
おそらく、私が見ている田んぼは、持ち主の方が有機農法に取り組んでいらっしゃるのでしょう。いつもたくさんのカモが浮かんでいて、いかにも土が肥えそうなかんじです。
加賀市鴨池観察館では、水鳥の保護のために、観察館周辺の農家の方と協力して、冬期の田んぼに水を張る事業を進めています。この田んぼで収穫される減農薬・有機栽培・コシヒカリ100%の一等米は、「加賀の鴨米ともえ」として、毎年限定販売されます。お米好きの私としては、ぜひ食べてみたいところなのですが、毎年うっかり注文するのを忘れている間に販売期間が終了してしまい、まだ一度も口にしたことがありません。来年こそは忘れずに購入の申し込みをするぞ!と、半年以上先の予約受付に向けて意気込んでいます。
「来年の話をすると鬼が笑う」といいますが、もうあと10日で今年も終わりです。
今年一年ご愛顧いただきありがとうございました。来年も『自然人』をどうぞよろしくお願いいたします。

(山あ)
page top
10代のころ好きだった本のひとつに、「万華鏡」という宇宙を舞台にしたSFの短編小説があります。切なさと美しさが混在したような物語の結末に、当時とても惹きつけられたのを記憶しています。

事故により宇宙船から放出された乗組員たちが、暗い宇宙空間を離ればなれに漂流しはじめる。大気圏に引き寄せられ、燃え尽きようとするひとりの乗組員がつぶやく…

  …「ああ」と彼は言った。
  「誰か俺を見てくれるだろうか」

  田舎道を歩いていた小さな少年が空を見上げて叫んだ。
  「お母さん、見て!流れ星だ!」
  輝く白い星がたそがれの空を落ちていった。
  「願いごとをするのよ」と母親が言った。
  「願いごとを」
                 (レイ・ブラッドベリ「万華鏡」より)

自然人でもご紹介しているとおり、北陸の自然関連の施設ではプラネタリウムの投影会や天体観測が多く行われています。
時にはSF小説を読んで天体観測に出かけてみるというのはいかがですか?
何かあたらしい感動に出会えるかもしれません。

(とんたろう)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG