北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
06041701.jpg
二日酔いでほとんど半病人のようになっていた4月16日日曜日。今が盛りの満開の桜ではなく、なぜか急にカタクリの花を見たくなり金沢市近郊の平栗まで出かけてきました。

昨春の自然人の誌面でもご紹介した「平栗いこいの森」は前田利家の墓がある野田山から車で15分ほど山道を走ったところにあるカタクリの群生地です。
時期的に少し遅いかなとも思いつつ車を走らせ現地に着くと、なんのことはありません。ヒラヒラと舞うギフチョウ付きで見事なカタクリの群生を見ることができました。

静かな雑木林に包まれて春植物を眺めていると、不思議と体も元気になるみたいで、帰る頃には体調もすっかり元通りになっていました。
雑踏を離れた静かな花見(?)というものも、たまにはいいもんです。

(とんたろう)
page top
 金沢は今週ようやくソメイヨシノが開花しましたが、その後は冷たい雨が降る日が多くて、なかなか花の開きが遅いようです。でもその分、長い間、花見が楽しめるのでいい傾向ではないでしょうか。

 この前の日曜日、所用で高岡に行き、時間があったので古城公園をのぞいて見ました。
 まだちょっと早いかなと思いましたが、ソメイヨシノはほんの2、3輪だけでしたが、咲いてました。
 それよりなにより、例年では3月中旬に咲くというキンキマメザクラと、富山県の固有種であるコシノヒガンザクラが満開で、ソメイヨシノとは違った雅な花見を楽しむことができました。
 でも、このサクラたちは、ソメイヨシノと一緒に咲いたら絶対に目立たない存在でしょうね。自分たちも、きっとそれを知ってるのか、なんだか焦って咲いているようにもちょっと見えました(笑)。

 今週末は、きっとソメイヨシノが見ごろを迎えるんではないでしょうか。昨年は足羽川の土手で花見を楽しみました。さて、今年はどこで楽しもうか。

(バフ)
page top
ゲンジボタルやメダカ、トノサマガエル、カタクリなど、かつては身近に見られた動植物が急速にその数を減らしているという現状から、石川県では『いしかわレッドデータブック県民参加調査』を実施しています。調査対象には、絶滅の恐れがある動植物についてまとめた「いしかわレッドデータブック」に記載されている種や減少傾向にあるとされる種から、小学生でも見分けやすい動植物20種が選ばれています(いずれも県民参加調査のホームページに、調査対象動植物が掲載されています)。
自宅周辺や自然観察などにでかけたところで探して発見したら、調査ホームページから調査票をダウンロードして記入し、ファクスか電子メールで報告します。みなさんも、生きものたちの未来のために、ぜひご協力をお願いいたします。
詳しくはこちら(いしかわレッドデータブック県民参加調査)から

ところで、最近ネット上で、絶滅が危惧されている日本固有の生きものたちが「●●県産・・・」と表記されて、高額で売買されているのを目にしますけど、中には違法なものもあるのでは? 捕獲禁止の希少野生動植物を許可無く捕獲し販売してる人たちがネット上で暗躍できないよう、こちらのほうにも規制をかけて欲しいものです。
(※ちなみに、トミヨやシャープゲンゴロウモドキなど石川県指定希少野生動植物種については、その捕獲、採取、殺傷、損傷等は原則として禁止され、県の許可なくそれらの行為を行うと、本年5月1日より施行される「ふるさと石川の環境を守り育てる条例」により罰則がかかります)。

参考:
 石川県指定希少野生動植物の指定
 石川県の外来種問題

(ねこミミ)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG