北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
061129.jpg
 岐阜県白川村にあるトヨタ白川郷自然學校が11月25日に開催した1dayプログラム「白山山麓ツキノワグマ環境教育プロジェクト ツキノワグマの棲む森を訪ねる一日冒険」に小学生の娘と一緒に参加してきました。

 これは野生のツキノワグマが棲息する白川郷の森で、ツキノワグマの暮らしぶりを全身で体験してみようというもので、ツリークライミングでクマダナを見たり、ラジオテレメトリ調査でクマの追跡の模擬体験をしたり、インタープリターにツキノワグマの生態をわかりやすく解説してもらいながら森を歩いたりと、ツキノワグマになった気分で一日森で過ごしました。
 詳しくは自然人ネットのフォトコミュニティーに写真と一緒に投稿しました。木に吊り下がって、まるでクマの親子のような間抜けな姿など、よろしかったらご覧ください。

 さて、この自然学校ではこのエリアのツキノワグマの生態調査を続けています(雑誌『自然人』の連載でご存知の方も多いでしょうね)。
 昨年は沈静化したかにみえたツキノワグマの出没が今年は深刻化していますが、では「なぜ、クマは人里に出てくるのか?」をクマの立場になって体験・検証するというのが今回のイベントの目的なんです。
 森の中では、普通の年ではクマは好んで食べないというクルミの木がクマによってバキバキと折られた痛々しい痕を見ました。クマがどれだけ飢えていたか、この木が如実に物語り、クマのおかれた立場が如何に深刻かということがひしひしと伝わってきます。
 クマも生きるために大変なんだと。

 実際、娘たちが通う学校の校下にもクマが棲んでおり、ここ3年ほどは毎年出没しています。学校では、クマの恐さやクマに出会わないようにする方法とか不幸にも出会ってしまった時の対処法などは教えてくれます。都会の学校では考えられないでしょうね。
 子どもの安全第一ですから、それは当然のことでしょう。
 でも、それは子どもたちには「クマは恐い」という感情を芽生えさせてしまう心配があります。これでクマが子どもたちに嫌われてしまうのはあんまりです。
 で、ちょっとクマのことを応援してあげたくなって、今回のイベントに参加したんです。

 結果、一緒に参加した娘は「前よりもクマが好きになったよ!」と言ってくれ、ひと安心。充実した一日でした~。
(バフ)

おでかけガイドで施設の情報を見る
トヨタ白川郷自然學校

自然人フォトコミュニティで関連写真を見る
フォト1(ツリークライミング)
フォト2(ラジオテレメトリ調査体験)
フォト3(ツキノワグマの棲む森のガイドウォーク)

自然人フォトコミュニティは、みなさんからの写真や口コミ情報でつくるページ です。
みなさんのご参加をお待ちしております。
スポンサーサイト
page top
昨年の今頃、通勤途中にある銀杏並木の一角で、思わぬギンナンの収穫を楽しめました。今年もその木がたわわに実をつけていたので、通る度に熱い視線をおくりながら見守ってきましたが、収穫間近!!無念の剪定...。実もなくなり、葉もまばらになった銀杏の木を見あげる楽しみこそ奪われたものの、昨日通った銀杏並木の歩道は黄色い木の葉の絨毯に包まれ、雨模様の天気にもかかわらず、とてもきれいな景色でした。

06112801.jpg
銀杏の葉は、お茶や健康食品としても利用されていますが、抗菌や防虫の成分があるということを聞きました。今年は、そんな銀杏の葉をしおりにして、本の虫除けにのぞんでみようと思います。
(銀杏むすめ)

自然人フォトコミュニティで関連写真を見る
フォト1(たび亀さん投稿作品)
フォト2(aigleさん投稿作品)

自然人フォトコミュニティは、みなさんからの写真や口コミ情報でつくるページ です。
みなさんのご参加をお待ちしております。
page top
五郎島金時の芋焼酎があるのをご存じですか?
その名も「芋焼酎 五郎島金時」。白山の水と五郎島金時を原料に焼酎の本場九州で製造されたおいしい焼酎です。
五郎島金時のふるさとは薩摩の国。元禄時代に薩摩の国から持ち帰った種芋が金沢で改良されて五郎島金時となり、それがまた”里帰り”して焼酎になったという、ロマンチックなエピソードもあるそうです。

06111301.jpg

先週この焼酎をいただいて 、芋焼酎も五郎島金時(特にふかしたの)も両方大好きな私は、大喜びで早速飲んでみました。五郎島金時といえば「甘くてこぼこぼ」の印象が強いので、もしかして甘めなのかなと思いながら口に含むと、意外にも味はスッキリ。ふわりとサツマイモのいい香りが鼻に抜けていきます。これだけ香りがいいのなら、濃いめのお湯割りにして香りをたたせ、鍋などつつきながら楽しむのも、これからの季節にはいいかもしれません。
それと、これも最近発見したのですが、芋焼酎(泡盛も可)は、案外イタリアンに合うんです。もちろんワインもいいけれど、オリーブオイルとガーリックが基本のイタリア料理には、穀物の香りの強いお酒がスッキリとしておいしいですよ。

「芋焼酎 五郎島金時」は720ml入りで3150円。芋焼酎にしてはちょっと高めですが、五郎島金時のおいしいさを知るひとなら、きっと飲んでみたいと思うはず。おみやげや贈り物にも喜ばれると思います。金沢市内のデパート、ヤスブン各店、JR金沢駅、金沢市農協などで販売されているそうです。ぜひ、一度ご賞味ください。
(山あ)
page top
津幡町の特産品・まこもをご存じですか?

まこもはイネ科の水生植物で、茎の肥大した部分が食用になります。食感は、タケノコとジャガイモの中間ぐらい。クセがなく、肉巻き・たまごとじ・キンピラなど、煮ても焼いてもおいしく食べられる、おすすめの食材です。

06100601.jpg
○スーパーではこの状態で売られています。皮をむいて使います。

折しも昨日、雑誌『自然人』で連載中の「暮らしの中でハーブを楽しもう」の料理撮影がありました。ハーブインストラクターの鯉野叔子さんに、ハーブを使った料理やクラフトをご紹介いただくこの連載の撮影では、終了後に料理のお相伴にあずかれるとあって、私たちスタッフも毎回楽しみにしています。

今回作っていただいたのは、まこものホワイトカレー。クリーミーでまろやかなカレーの中に、エビやブロッコリー、ニンジンが入って彩りも鮮やか。ジャガイモ代わりに入れたまこもがしゃきしゃきと歯ごたえよく、実においしい一皿でした。レシピは12月1日発行の雑誌『自然人』に掲載されますので、どうぞお楽しみに。

06100602.jpg

まこもは、ちょうど今頃からスーパーに並びます。この味と食感、まだ体験されてない方はぜひ一度食べてみてください。
(山あ)
page top
先日の健康診断でのこと。お医者さん曰く、
「毎日それだけお酒を飲んでいて、よくこれだけ正常値が並びますね。何かおつまみは食べているんですか?」
「チーズが好きでしょっちゅう食べてます」
「きっと、それが健康の秘訣なんですよ。これからもどんどん食べて下さいよ。チーズ」とのコメント。
なに?チーズはそんなに体にいいのかと思い調べたら、確かにすごいことが書いてあります。
チーズ100gでカルシウムは牛乳の6本分、豊富なビタミンBは脂肪を燃焼させて肥満を防ぎ、美容にいいビタミンAの含有量は緑黄色野菜以上。さらにメチオニンという成分がアルコールの分解を促進し、肝臓の負担を減らすなど。お医者さんがこれからもチーズを食べなさいという意味がなんとなくわかりました。
ところで発酵食つながりというわけではありませんが、石川県民にはなじみが深い「ふぐのぬか漬け」。かの東京農大の小泉武夫先生がおっしゃるには、「ふぐのぬか漬け」は世界で一番珍しい食べ物だそうです。へたをすると命を落とす、青酸カリの何十倍もの毒性がある卵巣をぬかの力で無毒にして、それを食べ物にしているという地域は他にはないとのことで、世界遺産に登録したいくらいだそうです。
「そうか、そんなに珍しいものであったか」などと考えていたら、ふぐのぬか漬けを酒の肴にまた一杯やりたくなってしまいました。
(とんたろう)
page top
昨日、今年初めてのカニが食卓にのぼりました。細い足との苦闘のあとに酢醤油の小皿の上で山になったカニの身を口に運ぶと、ああ今年も日本海は冬だなあとしみじみ感じます。毎年この時期にカニが運んでくれる幸せです。

今年から、石川県産のズワイガニは「加能ガニ」というブランド名で呼ばれることになったそうです。わかりやすくていい名前とはいえ、新しい呼び名には若干の違和感がつきまとうのも世の常です。が、これだってあとほんの数回カニが幸せを運んでくれるうちにすっかり耳に馴染むことでしょうね。

するとだんだん「ズワイガニ」という名前の方を聞かなくなるのかな、などと惜しみつつ思っていると、そもそも「ズワイ」って何なのかまったく知らないままに使い続けてきたことに気がつきました。ずわい。香箱ならわかるんですが、…ずわい。こりゃ漢字も思い浮かびません。で、ちょっと調べてみました。

玉石混淆インターネットよりの情報であることをはじめにお断りしておきますが、「ずわい」とは「楚(すわえ)」の訛ったものだとか。「楚」とは、「細くまっすぐな若枝(また、それを使って作る刑罰用のムチ…)」のことだそうです。なるほど僕が昨夜格闘した細い足を木の若い枝に見立てて、「ズワイガニ」という名前が付けられたというわけです。納得。

こうしてあらためてその由来を調べたりすると、今更ながらズワイという耳慣れた呼び名を残したい気持ちにもなってきます。ああ、「名残を惜しむ」ってのはこういうことなのかもしれないな、なんて思った今日でした。
(真宮)


自然人フォトコミュニティで関連写真を見る
フォト1(自然人編集部投稿作品)
フォト2(自然人編集部投稿作品)
フォト3(自然人編集部投稿作品)

自然人フォトコミュニティは、みなさんからの写真や口コミ情報でつくるページ です。
みなさんのご参加をお待ちしております。
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。