北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
7月5日に全線開通した東海北陸自動車道。
長野県へ遊びに行った帰りに通ってきました。

今回開通した飛騨清見ICと白川郷ICには多くのトンネルがあり、中でも飛騨トンネルは、高速道路として関越トンネルに次ぎ、日本で二番目に長いトンネルです。その長さはなんと、10.7km。開通区間25kmの約半分を飛騨トンネルが占めていることになります。

その飛騨トンネルを走行中、トンネル内の照明に、虹のような色鮮やかなブルーとピンクの光が見えました。

家に帰って調べてみると、それは「アクセント照明」というもので、飛騨トンネルの中では真ん中でしか見られないようです。トンネルといえば、オレンジやホワイトの照明だと思っていましたが、長いトンネルで退屈させないこの試みはとても素敵だと思いました。(写真を撮ることが出来ず、残念です)
また、壁面には緑色のタイルで、1km通過するごとに現在の距離が表示されています。
開通により、交通の便がよくなりましたが、通過するだけでも楽しめそうです。


ちなみに目的地の長野県霧ヶ峰では現在ニッコウキスゲが見ごろを迎えていました。(2008年7月12日)

080715_01.jpg
山地~高山帯に咲く花、ニッコウキスゲ

080715_02.jpg
これはちょっと撮影場所が悪いですが…

(朝凪)
page top
 わが家のすぐ裏手にあるガケ。春になると、アサツキや野ぶき、ワラビなどの山菜が次々と顔を出し、季節限定とはいえ、少し山菜が食べたくなったときになかなか重宝しています。

 来春も山菜が育つようにと、汗だくになりながらイタドリなどの繁殖力旺盛な雑草(イタドリも山菜ですが)を、ばっさばっさと刈り取っていた時のこと。何やら足元でモゾモゾ動いているものを発見しました。

 てっきりトカゲか昆虫の類かと思いきや、なんとサワガニでした。私の住まいは山手にあるとはいえ、一応金沢市内の住宅地。家の裏には渓流はもちろん、小さな沢もありません。よもやこんなところでサワガニに出会うとは思ってもみませんでした。同居している父親に言わせると、なんでも30年ほど前からたまに顔を出すことがあるとのこと。ガケからかすかに染み出る湧き水を利用して生きてきたとしか考えられませんが、よくまあ絶えなかったものです。

 人間界では「あてにするから腹が立つ」というなかなか含蓄がある言葉があるようですが、このサワガニはまわりをあてにすることなく、与えられた環境に順応してただ黙々と生きてきたんでしょうね、きっと。いや、まったく偉い!

(とんたろう)
page top
石川県「県民の森」にある屏風岩。
森の入り口(事務局)から徒歩15分程上がったところに、この岩はあります。

岩の横に、こんな看板を発見!

080701_03.jpg


ん?岩に顔?どういうこと!?
恐る恐る岩の裏側にまわると、
謎が解けました。


080701_02.jpg
080701_03.jpg
岩に彫刻された顔。

その場に立てられていた看板によると、その昔、この土地で上新保の人々が杉の水川沿いで山を開き営々と生活していて、明治29年北海道へ一村挙げて移住することになり、集落民が祖先の苦労を偲び当地を去る感情をこの岩に彫刻し去ったとされています。
また、この一帯に分布する杉林も、その当時集落民が移住について何かと世話をした東野喜平氏へ託し去ったと伝えられ、今では樹齢百年を越す貴重なものだそうです。

この話。なかなか深い話なのにあまり知られていません。
県民の森に訪れる際には、是非お立ち寄りください。

石川県県民の森 (加賀市山中温泉)

(サム)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG