北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
もう2ヵ月も前になりますが、友人と山歩きに行った時のこと。
携帯したアーモンドチョコ似のドングリを見つけた瞬間、いたずら心がふつふつと湧き出し、食べたチョコの包み紙にドングリを忍ばせ、ポケットに。

いたずら心というのは持続しないものらしく、そのうち、友人へのそんな気持ちも薄れ、例のブツは私の部屋の片隅に置かれることになりました。


それから数日・・・生まれたんです、あの虫が。


しかも、アーモンドチョコの包み紙も食い破り、白い小さな体で(でも、その虫にしては大振りだった)必死に床を歩いていました。
連れて帰ってしまったことに後悔しながらも、一思いにゴミ箱行きか、外に放すか? それとも・・・「虫君お腹すいてる?」などと別のドングリを与えても、ドングリの下に潜ろうとするなど同じことを繰り返す始末。
ひょっとして、ドングリの実をお腹いっぱい食べて出てきた虫は、土に潜り、冬眠するのかも? 試しに観葉植物の土の上に転がしてみたところ、すごい勢いで掘り進み、潜っていきました。

ああ、春には何が顔を出すのか・・・。ネットで調べる勇気もないのに、少し楽しみで、軒下で安否を見守る今日この頃です。

(銀杏むすめ)
page top
先日、私用で沖縄に行きました。

081217_01.jpg
まぶしい空。エメラルドグリーンの海。南国ならではの風景にやられました。

081217_02.jpg
とても太陽がまぶしく、空が近い感じ。とても美しく、何度も見とれました。


金沢に帰ってきて最初に見た空は、みぞれまじり。そして雲が厚く、どんより。沖縄とは似ても似つかぬものでした。

それでも、自分が生まれ育った土地の空を見ていると、いくら暗くても「帰ってきたんだなあ」という実感がわいてきました。

曇り空が多く、どんよりした日が続きがちな北陸。それでも自分にとっては、その空が懐かしい風景。空を見ながら、自分がこの土地に愛着を持っていることをつくづく感じました。


なお、自然人18号(2008年秋号)の特集テーマは「空」。空にまつわるいろんな話が載っています。ぜひ手に取ってみてくださいね。

(チャペック)
page top
先日の三連休、
学生時代の友人の結婚式のために、
岩手県へと行ってきました。

古い友人に会うのもひとり旅をするのも
最近はめったにできないことなので
「仕事のことは一切考えない3日間」と
勝手に銘打って出掛けたのでありました。

久しぶりに会う友人の結婚を祝い
大いに飲んで、大いに語り、大いに笑って
計画通りに仕事や日常のことなど忘れ去った旅先の夜、
ホテルに帰って見つけてしまいました、「自然人」を。

ホテル東横イングループの客室情報誌「たのやく」には
ときどき、自然人の一部の記事が転載されています。

ええ、自然人の記事を使っていただいていることは
もちろん知っていたんです。知っていて手に取ったんです。
仕事のことは考えないと心に決めておきながら
遠く旅先の空の下、いつも見慣れた「自然人」の誌面から
北陸への郷愁を気取ってみたい誘惑に勝てませんでした(二泊のくせに)。

季刊「自然人」は北陸での情報発信が主ですが
全国各地から定期購読していただいている読者の方がいますし、
こういうかたちでも、日本全国で目に触れる機会があります。

今日も日本のどこかで、自然人の誌面から
遠く離れたふるさと・北陸のことを
思い出しているひとがいるかもしれないな

なんてことを、それから思うようになりました。
(真宮)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG