北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
もうすっかり秋。

先日うちの、じいさんが、家の前のキンモクセイの木をじ~っと見ていたので、「虫でもついた?」と聞いてみたら、「ツボミきたら、コケとりにいかんなん」と。そう、今年もそろそろ「コケ=シバタケ」のシーズンがやってきたようです。

で、先週末、わが家の食卓には、今シーズン初のシバタケが登場となりました。いつもの年より1週間ほど早いかな。

091002_02.jpg

コケを採りに行く場所は、家から車で十分足らず。松林が続くところで、うちのじいさんが初めてシバタケを見つけた十数年前は、誰一人、シバタケを採りに来ている人はいなかったらしいのですが、ここ数年、来る人が増えて、「朝早くいかんな、ちっちゃいのまでぜ~んぶ採られてしまっとる」と嘆いています。

このシバタケ、香りがとてもよく、家ではお吸い物にしたり、大根おろしとあえたりして味わっています。茹でると紫色になり、塩漬けしておくと長期保存も可能です。

私でも簡単に採れそうな気がして、一度、現地に行ってみたのですが、それがまったくわからない…。下草が多いうえに、松葉がいっぱい落ちていて、松の根元は一面、天然の絨毯に覆われたような状態だから、そう簡単には見つけられないんですね~。
やっぱり天然のおしいものを手に入れるには、苦労しなくてはダメってことですかね。と同時に、天然のものもですから、みんなの幸せはみんなで分けあえるようにしておいて欲しいものです。
(ねこミミ)

091002_01.jpg
松林に生えることが多いイグチ目、ヌメリイグチ科(Suillaceae)、ヌメリイグチ属に属する「アミタケ」のことを、北陸では「シバタケ」といいます
スポンサーサイト
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。