北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top

先日、ある講演会にて、日本における食品添加物についての話を聞く機会がありました。
講師の方はスローフード発祥の地・イタリアで料理を学ばれた方で、日本とイタリアでは、食品添加物の取り扱いや認識に大きな差があるとのことでした。
たとえばイタリアではパンは手作りが当たり前というのには、ちゃんとしたワケがあるのですね。
また、地元でとれる生産物を使って、その土地ならではの伝統的な料理を楽しむということこそが豊かな食生活というお話もあり、なるほどな~と考えさせられました。


そんなこともあって、昨年、あまりに面倒だっため中止していた「らっきょう漬け」を今年は再開。石川県の地元には内灘砂丘という「らっきょう産地」があるのだから、今がシーズンのそれを使わないと。
で、まずは泥付きのらっきょうを洗濯ネットを使ってゴシゴシ。

ラッキョウ 001

ラッキョウ 005

さらにキレイに洗い薄皮をとって、根っこと先端を一つひとつ丁寧に切り落とし、最後にさっと熱湯をかけます。
あとは乾かして自分好みに仕上げたお酢で漬けるだけ。甘いのが好きならハチミツを入れてもいいそうで、2週間ほどしたら食べられます。
ちなみに、大きいのが1年もの。小さいのが2年もしくは3年ものなんだとか。
らっきょうは多年草なので1年ごとに株分けして小さくなるのですが、年を越すごとにおいしいらっきょうに育って(小さくなって)いくのだそうです。

ラッキョウ 011

面倒な方は、ちょっとお値段は高くなりますが「石川県産洗いらっきょう」を使えば、簡単にすぐ、おいしくて安全・安心ならっきょう漬けが作れます。
血流促進・血液浄化の働きもあるとか、どうぞお試しあれ。


(ねこミミ)
page top
 NHKの「試してガッテン」っていう番組をご存知でしょうか?

 この夏から新企画で、G級グルメと称した、その土地ならではの新名物を創っていくそうです。
 番組で放映したらハイおしまいではなく、地元の叡智を結集させたプロジェクトでメニューを完成させて、その後、地域の新しい名物として根付いていけるような物を目指すそうです。

 その第1回が、金沢(石川県)で、「夏おでん」に挑戦されました。
 夏おでんといっても、単に冷たいおでんではなく、そこにはちゃんと地元の知恵と食材がたっぷり活かされており、「なるほど!」と番組の趣旨どおりに、「ガッテン承知!」となります。

 放送は7月28日だそうです。この番組、全国に留まることなく、世界中で放映されているそうです。これを見て、外国人が「Natsuoden please!」ってことになるかも。


 ちなみに、昨日はその試食会が金沢の料亭「つば甚」さんで行われました。放送後、金沢に夏おでんが浸透していく様子を追っかけて欲しいというお話を番組スタッフさんからいただき、そんなわけで、私もその試食会に立ち合わせていただきました。


夏おでん
 トマト、寒天、太きゅうり、車麩、つみれ団子……。盛り付けのセンスが無いので、てんこ盛り状態になってしまいました(笑)

 ちなみに、このおでんの種としては「なす」が特に人気でした。
 が、実は私、大のなす嫌いで、つい盛らずに写真を撮ってしまいました。
 でも、後で勇気を振り絞ってなすも食べてみましたが、これがびっくりするほどおいしかったです。

 すでに、これをメニューとして出す予定のお店もあるみたい。
 金沢の新名物として定着する日は近そうです。

   (バフ)
page top
昨日、石川県河北潟干拓地のスイカ畑で、開花の時期をむかえているとテレビニュースが流れていました。おいしいスイカが実るまであと2~3カ月。今が受粉のタイミングなんですね。

そういえば、家の小さなプランター畑でも、実りへむけてトマトが開花していました。
昨年、取材でお伺いした農家でいただいたフルーツトマトがあまりに甘くておいしかったので、JA金沢市の「ほがらか村」で春先に見つけたフルーツトマトの苗をプランターに植えてみたのですが、このとおり開花。葉のつけ根に出る「わき芽」を摘みとらなくてはいけないのだそうで、結構小まめに取っています。その摘み取った「わき芽」、トマトの匂いがするんですよ。

トマト
トマトの花は黄色です

そのほかセロリも植えてみたのですが、どうも堅くておいしくないので、そのままほったらかしにしておいたら、こんな風にお花が咲き始めました。

セロリ
野菜って、意外と観賞用にもなりそう


そのほか、ワイルドストロベリーが実をつけ始めました。このイチゴ、甘みと酸味をギュッと濃縮させたような、とってもイチゴらしいイチゴの味(わかりづらいですね…)がします。寒さ暑さに結構強く、育っていくうちに株分けできるようになります。この時期から秋ごろまで、ポツポツと実をつけ楽しませてくれます。

イチゴ
まっ赤な実をつけます

次は、窓周りの日よけを兼ねて、ちょうど今からが植えつけ時期となるゴーヤづくりにチャレンジしようかなと思っています。小さな畑づくりにチャレンジしていらっしゃる方、オススメ野菜ありましたら、ぜひ教えてください!


(ねこミミ)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG