北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
いやー金沢もとうとう雪が本降りになってきたようです。

会社の屋根にもうっすらつもりましていよいよ北陸の冬到来!という感じですね。
blog1.jpg
冬が苦手な私は早くも春が待ち遠しい限りなのですが。
こんなこと言うと自然人編集部的にダメなのかもしれませんが…

さて、以前私が書いたブログですが、覚えている方はいるでしょうか…。(ちなみに書いた本人はすっかり忘れていた)
http://shizenjin.blog112.fc2.com/blog-entry-282.html
会社のシクラメンがつぼみをいっぱいつけております。
blog2.jpg

前のブログにも書きましたが、シクラメンの和名は「豚の饅頭」というそうですよ!
同じ話を2回繰り返すわけにはいかないので、今回はもうちょっとつっこんだお話を。

シクラメンの原産地であるトルコやイスラエルでは、
シクラメンの球根を豚が好んで食べることから「sow bread」(ブタのパン)と呼ばれていたそうなんです。
それが日本に伝わった際に直訳され「豚の饅頭」となったそうです。
つまり、パン=まんじゅうっちゅーことですね。

シクラメンにはもう一つ和名がありまして篝火草(カガリビバナ)といいます。
こちらは、その花の姿を見た貴婦人が、シクラメンに対してかがり火のような花だと形容したのを、
植物学者がきき、名付けたそうな。
こうやって名前の由来を調べてみるとなかなか面白い!


写真の会社のシクラメンは割と私がてきとーに育ててしまっているのですが(水はちゃんとあげてますよ)
すくすく育って植物の力強さを感じます。どんより北陸らしい曇り空の中、鮮やかな色があるだけで明るい気持ちになりますね。
余談ですが、シクラメンと聞くとどうしても布施明を思い出します…。「かほり」を嗅いでみようと思いましたが鼻がつまっててわかりませんでした。

(風邪真っ最中の編集部U)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG