北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
先日、JR西日本白山総合車両所の報道公開に参加する機会を得ました。
せっかくなので、その時の様子をご報告しますね。

まずは広さ兼六園の2.2倍という車両所を見渡せる屋上へ。あいにくの天気でしたが、しばらくすると新幹線新型車両W7系が出庫してきました。

shinkansen01.jpg

新幹線の車庫で大規模な屋根があるところは、日本でもここ白山総合車両所だけだそうです。
なぜかと言うと、もうお分かりかと思いますが、冬の豪雪対策ですね。

shinkansen02.jpg

朝7時という早朝にも関わらず、報道関係は50社100人が集まったそうです。新型W7系を目の当たりにした報道陣もテンションが上がり気味です。

shinkansen03.jpg

私も皆さんと一緒に一番前からパシャリ。ここは日々の安全運行のために検査が行われれるところです。
隣には、スプリンクラーで車体についた雪を落とすレーンもあります。

shinkansen05.jpg

報道陣には運転席の撮影も1社90秒という限られた時間で行われました。
思ったより狭い空間ですが、上部まで大きく伸びた窓ガラスのおかげで、窮屈な感じはしません。

続いて、車内を案内していただきました。
W7系(E7系)には普通車、グリーン車、グランクラスの3タイプの座席があります。
いずれも和のテイストをコンセプトにしてデザインされていて、シックで落ち着いた雰囲気に統一されています。

shinkansen06.jpg

まずは普通車。座席の前後が広く、ゆったりと座れます。初めて全席にコンセントが装備されました。

shinkansen07.jpg

つづいてグリーン車です。床が光っているのは、保護用のビニールです(悪しからず、笑)。
普通車で十分と思いましたが、居心地、すわり心地は、全く違いますね。暖色系のインテリアに寒色系のシートの調和が見事。

shinkansen11.jpg

そして最上級のグランクラス。デッキには布地の質感を持たせ、日本の四季をモチーフにしたパネルが随所にあります。
自然人的に、一番気に入ったのがこのパネル。長野、富山、石川という北陸新幹線沿線に生息する雷鳥が愛らしい。

shinkansen08.jpg

そして、これがグランクラス。日本の高級車のシートを手掛けるメーカー製のシートは、包む込まれるようなすわり心地です。

shinkansen09.jpg

報道公開に続いて、31.9倍という高倍率で見事当選された一般の皆さんへの公開が始まりました。

shinkansen10.jpg

これがW7系、E7系のシンボルマーク。ちなみにW7系はJR西日本の車両、E7系はJR東日本の車両です。外観、内装、性能とも全く同じで、見分けるポイントは、このマークの下のJR WESTの文字か、各車両番号に付くアルファベットがWかEなどしかないそうです。

いよいよ来年3月。
金沢開業が待ち遠しい!

(バフ)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG