北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
自然人 No.49 2016 夏号は6月1日発売です。
特集は「キャンプ」です。

P11 扉

キャンプって、1990年代に大ブームとなったことを覚えている皆さんも多いでしょう。
そして、自分もそのブームの中にいたなぁと言われる方もいらっしゃるかと思います。

日本オートキャンプ協会の白書によると、ブームが下火になってからはずっと右肩下がりでキャンプ人口が減っていたのが、ここ数年は一転して増加しているそうです。

ブームの時にキャンプの楽しみを覚え、しばらく離れていたけど最近になって再び始めた方や、登山やトレッキングでアウトドアスポーツの人気が高まって、その延長からキャンプを始めている人も多いのではないでしょうか。

北陸はそもそも自然が豊かで、車で30分も走れば自然の中のキャンプ場にたどり着け、海から3,000mの山まで、さまざまな絶景の中に身を置くことが可能です。
これだけキャンプするのに恵まれた環境はなかなかないです。

P12-13 アウトドア部

この特集では、皆さんにキャンプの楽しみを思い出していただき、「また、キャンプに行きたいなぁ」と思っていただけたら、その方の背中をキャンプ場に向けて、どーんと押させていただきます。
しかも、キャンプにはあまり興味がないという方も、「キャンプに行きたくなる!」ようになりますよ。

なので、これ以上、趣味を増やしたくないという人には危険な特集かも(笑)。

49g1.jpg

簡単ですごくおいしいキャンプ飯の定番「ダッチオーブン料理」や、知ればキャンプで一目置かれるようになる「焚き火の流儀」、バックパッカー気分で出かけられるコンパクトな「最新のキャンプ道具」、巷でひそかに人気のリゾート感覚で楽しむ「グランピング」、そしてもちろん、編集部がおすすめするこだわりの「キャンプ場ガイド」も。


49g2.jpg

特集以外にも、昔ながらでも、新しい挑戦を始めた「村の鍛冶屋」のルポや、北陸に隣接する県の博物館を紹介する新連載など、北陸をワイルドに楽しむための情報を満載しています。

49g3.jpg

ちなみに表紙は、立山の雷鳥沢キャンプ場。
車でささっと行けるキャンプ場ではありませんが、室堂のターミナルから45分も歩けば到着できる雲上の別天地です。

発売は6月1日です。もうしばらくお待ちください。
Amazonではただいま予約受付中です。詳しくはこちら
定期購読とデジタル版なら、富士山マガジンサービス Fujisan.co.jp
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。