北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今日の北陸地方は、梅雨とは思えないさわやかな青空が広がっています。

さて、昨日は、石川県加賀市大聖寺にある「深田久弥 山の文学館」で、曽我隆行氏の講演「白山周遊 白山遠望のすすめ」を聞いてきました。

IMG_2411.jpg

IMG_2427.jpg


曽我隆行さんといえば、岐阜県郡上市在住の歯医者さんで、ライフワークとしてずっと白山を撮り続け、趣味の域をはるかに超えて、写真集を今までに3冊も上梓されています。
母なる森
その一冊、『白山・ブナ物語 母なる森』のみ現在も発売中。
Amazonでも購入できます。→こちら

現在は、環白山保護利用管理協会の副会長も務められ、白山に関係する方々の間では、よく知られた有名人ですね。

IMG_2420.jpg

以前は白山山上の厳しくも美しい自然風景や、山麓のブナ林に力を入れて撮影されていましたが、最近は、白山の遠望風景にも撮影の力を入れるようになったそうです。

「遠望とは?」って思われるかもしれませんが、要するにどれだけ遠くから白山を見ることができるのかということです。
富士山の遠望については、浮世絵の題材になるなど古くから注目され、今も追っかけている人がたくさんいます。日本三霊山のひとつである白山もまた、古くからその姿を拝みたいと願い、その遠望地についてはさまざまな記載が残っているようですが、現在、その調査研究を行っている人はほとんどいないかもしれません。

IMG_2434.jpg

曽我さんは山を立体的に表示できるソフトや、白山に関係する古書などを参考にして、天気を見計らって白山が遠望できそうな場所に行って、実際に見えるかどうかを検証されています。
せっかく行っても、天気が悪ければ出直さないといけない、気の遠くなるような作業を、長期休みがとれない本業をお持ち中で続けられています。

IMG_2439.jpg

実際に撮影できたもっとも遠方からの白山というのは、伊勢の二見ヶ浦から。ここは富士山の遠望地としても有名ですが、いずれも相当条件がよくないと無理だと思われます。
もともと鉄道マニアでもある曽我氏は、白山と鉄道のツーショット写真にもこだわりがあって、地元の長良川鉄道と白山をはじめ、北陸鉄道石川線と白山、東海道新幹線と白山というとっても貴重なツーショット写真も見せてくださいました。

これからまだまだ撮りたい遠望風景もあるそうなので、この続きの話にも期待したいです。

なお、山の文化館では毎月このような「聞こう会」という講演会を開催しています。登山・自然・文学などの分野で活躍されている方を講師として迎え、毎回さまざまなテーマで講演を行っています。
今後の予定はHPに掲載されていますので、ご興味がある方はぜひご覧ください。
深田久弥 山の文化館

(バフ)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。