北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
本日、富山県砺波市にある「頼成の森」さんに行ってきました。

頼成の森といえば、毎年6月に行われる「花しょうぶまつり」が有名ですね。
この時期には毎年駐車場が満車になるほど、多くの方が県内外から訪れるようです。

ですが、このブログ、花しょうぶの写真は出てきませんので、あしからず。。。
残念ながら、花が見られる時期は私の行く少し前に終わっておりました(´・_・`)
じゃあなぜタイトルに花しょうぶとあるかと言いますと、頼成の森の方に興味深いお話をしていただいたからなのです。

花しょうぶは、同じ場所に生育し続けることを嫌う性質があるため、継続的に育てるには株分け、植え替えが必要です。
一度花が咲いた後は、株が弱ってしまいます。花の時期が終わると、全体を1/3ほどに切り落とし、株を二つに割って植えなおします。
また、同じ場所で育てていると連作障害によって株が成長しなくなります。そのため、4年に一回植え替えを行います。頼成の森では、他の場所の土を持ってきて、客土(きゃくど)して、土を変えているそうです。
キレイな花を咲かせるには、雪が降っている時期以外は、ずっと管理が必要なのだそう。
IMG_4251.jpg
(この日も植え替え作業を行っていました)

さらに、頼成の森にある花しょうぶは600品種品種が混ざってしまうことがないように1種類ずつ分けて上記の作業を行う必要があるのです。

お庭で楽しむ範囲ならできそう気もしますが、頼成の森にある花しょうぶは、実に70万株(!)。これだけの花を咲かせるのにはいかに大変なことかがわかりますよね。。。
みなさんが見ている美しい花は、多くの人の努力の結晶なのです。
そう聞くと、来年はより感慨深く花しょうぶを見られる気がしませんか?
IMG_4250.jpg
(1年目、2年目…というように分けて植えられています。近くで見ると品種ごとにちょっとずつ葉も違うのがわかります)

今年の花しょうぶの時期は残念ながら終わってしまいましたが、今は森のいたるところでキレイなあじさいが見られます。
IMG_4255.jpg
遊歩道も整備されていますので誰でも気軽に自然と親しむことができる素敵な場所ですよ。
ぜひ足を運んでみてくださいね~。
(N)
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。