北陸(石川県・富山県・福井県)の自然や観光に関する情報を発信!取材の裏話からマニアックネタまで、自然人のスタッフがつづるブログ
page top
北陸の近代化遺産には桜の名所でもあるところが多いんです。

富山県富山市にある「松川」と、そこに架かる「桜橋」はその代表のひとつです。

明治時代に行われた神通川の大規模改修で廃川地(はいせんち)が街の中心部を分断するように残りました。昭和初期に「富岩運河」開削で出た土砂を用いてそれを埋め立て、その一部(旧神通川の右岸)を残して整備してつくられたのが松川です。
その松川に昭和10年に架けられた鋼製のアーチ橋が桜橋です。
廃川地の埋め立てにより、富山市街地の都市化が加速し、都会のオアシスとして市民に愛されるようになった松川と、国の登録有形文化財に登録された桜橋は、富山の都市部の近代化のシンボルと言えるでしょう。
桜橋周辺の松川べり両岸には約2.5kmの桜並木が続き、日本さくらの会選定「さくら名所100選」にも選ばれ、多くの市民が花見に訪れます。

松川べり
富山市役所の展望塔から見下ろした松川の桜並木(ミニチュア風に加工)

【富山市】桜橋04
重厚な桜橋。タンポポの咲く斜面に陣取って獲物を狙うアオサギがチャームポイント(笑)

*お詫びと訂正
自然人 No.52 2017 春号のP16 桜橋の紹介に、松川が埋め立てられた廃川地に開削されたように書いていますが、正確には上述の通り、廃川地の一部を残して整備したものです。不確かな表記をしてしまい、申しわけありません。
© 自然人ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG